熊澤充のバリ島撮り尽くし



こんにちは!バリ島在住日本人カメラマンのくまっちです。
神々の棲む島バリ島から在住日本人カメラマンが、日々撮影しているウェディングやハネムーンのお客様の写真を中心に、ガイドブックに載っていない普段のバリ島の日常風景などをご紹介。
気になる最近のお天気の様子も含め、出来るだけリアルタイムな情報をお届けします。

本日バリ島はクニンガン
全ての神々が天界に帰る特別な日です。

という事で奥さまを使ってにお願いして、バリ島の伝統衣装”クバヤ”を着ていただき、テスト撮影に近所のビーチへ。

※今日の記事は主にカメラ・写真好きな方向けなので、興味の無い方は読み飛ばしちゃってください。
※※でも最後の1枚の写真はお気に入りなので見てってね。(笑)

上の写真は普通に撮った写真。
今日はお天気も良く、そのままでも空も海もとっても綺麗なのですが、更に深く美しい青を表現するために”日中シンクロ撮影”の実験です。

普通ストロボの使い方のイメージとしては”暗い場所で人を明るくする”みたいなのを想像すると思うのですが、
この日中シンクロ撮影は”明るい中で人物を照らして相対的に背景を暗くする”というテクニックです。

自分が普段どんな撮影でも持ち歩いている、この3台のストロボでどこまで出来るか実験実験。
勝負は南国バリ島の強い日差しに対抗するためのストロボのパワーです。

【GODOX 正規代理店/1年間保証/日本語説明書付】GODOX AD200 には200WS GN 60高速同期フラッシュストロボが内蔵されています。2.4GワイヤレスXシステムを内蔵し、TTL 2900mAhバッテリを実現し、500フルパワーフラッシュを0.01~2.1秒でリサイクル

新品価格
¥35,000から
(2019/1/5 20:37時点)

メインライトはGODOXのAD200。
サブの2台もGODOX製です。


[撮影データ]D850 ニコン50mmf1.8 f/16 SS1/180 ISO-64 ストロボ3台いろんな方向から全て1/2発光

まずは50mmレンズで。
最初の写真に比べて背景の青が深くなり、人物が浮き出てくる感じが判りますでしょうか?

次は90mmレンズで。
普通に撮った写真です。


[撮影データ]D850 タムロン90mm f/16 SS1/180 ISO-64 ストロボ3台いろんな方向から全て1/2発光

そして日中シンクロ
色鮮やかになりました。

そしてこの日中シンクロのテクニックが最も生きる、逆光での撮影。
空の明るさに露出を合わせると人物が暗くなっちゃいます。(あたりまえ)

かといって、人物に露出を合わせると空が白く飛んでしまいます。
(これまたあたりまえ)


[撮影データ]D850 サムヤン14mm f/22 SS1/180 ISO-64 ストロボ3台いろんな方向から全て1/2発光

そこで日中シンクロ
空と人物の明るさを両立する事ができました。パチパチ。


[撮影データ]D850 サムヤン14mm f/8 SS1/180 ISO-100 ストロボ1灯

せっかくなので別の場所でも。


[撮影データ]D850 サムヤン14mm f/13 SS1/180 ISO-100 ストロボ3灯(1台は手前の地面を照らしています。)

真っ赤な豆の花の木の下で。
これお気に入り!
今の時期しか撮れません。

話は変わりますが、後半3枚の写真の広角レンズはサムヤンの14mm。

SAMYANG 単焦点広角レンズ 14mm F2.8 ニコン AE用 フルサイズ対応

新品価格
¥45,450から
(2019/1/5 18:54時点)


このレンズはオートフォーカスが出来ないのと変わった歪み方をするので、あまり普段持ち歩いていないのですが(主に星空撮影用として活躍してます。)、広角の単焦点レンズという事で描写力もインパクトも
今回の撮影でこのレンズの良さを再発見してしまったので、これからはもっと積極的に使っていこうと思います。

って商品リンク探してたらなんと2018年10月にサムヤン初のオートフォーカス付きが発売されていました。

SAMYANG 超広角レンズ AF 14mm F2.8 F ニコン F用 フルサイズ対応

新品価格
¥80,587から
(2019/1/5 19:00時点)

欲しいな・・・

 

– 本日のバリ島のお天気情報 –
2019年1月5日/クタ、ジンバラン、ヌサドゥア方面

写真の通り久々にいいお天気!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
ブログランキングに参加しています!応援クリックをよろしくお願いします。(別タブで開きます)
↑ バリ島のリアルな情報はここから ↑

– 撮影のご依頼・お問い合わせはこちらから –
ムーンライズエンターテイメント BALI